FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
2018年6月14日(木) 19時より
「懐花亭」にてBJP歓迎会を開催致しました🍺17期生をはじめ沢山の方にご参加頂き、楽しいひと時を過ごす事が出来ました💕
これから暑くなってきて練習が辛くなりますが…励まし合って頑張って走りましょう〜✨

20180623190023f38.jpeg
20180623190257094.jpeg
201806231903119ff.jpeg
20180623185909452.jpeg
スポンサーサイト
2018.06.23 / Top↑
5月24日(木) 17期生を迎えてのBJP練習会、沢山の方にお集まり頂きました♬

走るのが不安な方も大丈夫!
どんどん仲間が増えて練習に来るのが楽しくなりますよ〜(*´罒`*)♡︎

よっこ

20180524235911acf.jpeg

20180525000210c45.jpeg
2018.05.24 / Top↑
新年明けましておめでとうございます🎍
今年もよろしくお願いします。

beer会のメンバーさん達と、吉野川河川敷〜沖の洲マリンピアまで初日の出ランに行ってきました!
今年は、とってもキレイな「だるま朝日」を見る事が出来ました🌅早起きして行った甲斐がありました😉

218年が皆様にとって、素晴らしい一年となりますように…✨

よっこ


2018.01.01 / Top↑
カズimage1

引用


君はなぜ走るのか。」2月6日放送のBSランスマのタイトルです。
「健康のため、美容のため、ビールのため、ストレス解消のため」から「人生のため」、そして、メキシコの高地民族は、「生きるため」に走ると様々な登場人物は語っていました。
ボクは、まだ、人生や生きるためまでいっていないけど、生活の大切な一部にはなっています。
その大切なランが思うように走れなくなったらどうなるか。

今、私は、まったく走れないことはないのですが、昔の古傷が体の中心部に出てきて、「もう、なんとかならんかい」と、なだめている状態。

そんなとき、2月12日の日経新聞「サッカー人として 三浦 知良」の記事が私の心をつかんで離しません。言うまでもなく、レベルは全く違うけど、カズは、『昔は、スケジュール通りに事が進まないと、とにかくトレーニングを積み重ねることで焦りを打ち消した。でも、そのやり方だけでは、体がきしんで逆効果になることもある。』と諭し、自分の体をクラッシックカーに例え、こまめなそして最善のチューンが毎日必要と説いています。1試合にこだわらず、年間を通じて見据える心構えも教えてくれます。

そして、今日14日、ある先生からも「私は、みんなに怪我のないように走ってもらうことが最大の目的です。マラソンは人生の長い友ですよ。」とも教えられました。

大方の人は、元気いっぱい走っていると思います。しかし、中にはトラブルに悩んでいる人もいるでしょう。いろいろ工夫して、丁寧にケアして、情報交換して、時には、お互いにはやる心を諫めて、あきらめず、落ち込まず、希望を持って、やがて「生きるため」のランニングライフを楽しんでいきましょうね。

2月14日バレンタィディ 自戒の念をこめて、土足乱堂鉄
2016.02.15 / Top↑
祝 それぞれの人生にはそれぞれの靭性が

制限時間14時間に残り5分でフィニッシュラインを越えたM子にE子、しまなみでできなかった夢を掴んだ。真っ暗な闇の中、かしまし娘たちを無言で走らせた四万十100。

制限時間はとっくにすぎたていたが、最終伴走ランナーとともに最後まで走り切った。記録はないが、伴走ランナーの心には忘れられない記憶が。うどんのM子も風になった吉野川マラソン。
その風で飛ばされたコップを必死に追いかけていたボランティア。

若くて、きれいでさっそうとしたフォームで余裕のサブ4を飾ったO子、世間の注目を一手にあびて、みんなから祝福をもらった大阪マラソン。

 O子ほど世間の耳目を引くことはないが、ウルトラ60の一週間後にサブ4を達成し、密かに月曜日の職場でハリのある挨拶をしたM男の大阪マラソン。

2:15の責任、これほど走っているとき、時計を見たことはない。初めてのペースメーカーを講座一年生で大任を全うしたO子。動物園からはるばるやってきただけのことはある。○○マロに給水時は、初心者向けにゆっくり時間をとってとアドバイスを受け昔を想いだした阿波吉野川マラソン。

 
 疎遠になっていた娘から、約10年ぶりに『ありがとう、お父さん好きよ』と電話され、天に舞い上がってしまった初老のTランナーが挑んだ田宮陸上競技場のインターバル。2キロ走を挟んだので、呼吸がラマーズ法となった。経産夫ではないが、若い頃、新米パパ教室で学んだことが何故か脳裏をよぎった。ひっひっふーふー ひっひっふーふー
 

阿波吉野川マラソンでS選手の誓った言葉が心に蘇る。
「我々選手一同は、レースを支えてくれる大会関係者、ボランティアそして家族への感謝の気持ちを忘れずに、最後まであきらめず走ることを誓います。」


今日の月は少し黄色くて、まんまるではなかったけど、やさしくて明るかった。

We are the champions, my friends ♪
And we’ll keep on fighting till the end ♪

土多乱堂店主敬白
2015.10.30 / Top↑

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。